大阪のデザイン・ホームページ・広告制作| RAM LABELのLOGO

Googleのちょっぴり変わった検索方法と検索オプション!


google
普段、YahooやGoogleで検索をされる方がとっても多いことでしょう!
今回Yahooではなく、「google」のちょっり変わった検索方法をご紹介いたしと思います。

まずは

【 関連サイトの検索 】
related:ホームページアドレス を入れるとそのサイトに似たサイトを検索できます。
[ 例 : related:http://www.ramlabel.com ]
【 特定のサイト内で検索 】
site:URL キーワード でキーワードをそのホームページ内で検索してくれます。
[ 例 : site:http://www.ramlabel.com お問い合わせ ]
【 インデックスページを調べる 】
site:URL でそのサイトのGoogleでインデックスされているページを全部表示してくれます。
[ 例 : site:http://www.ramlabel.com ]
【 キャッシュページを表示する 】
cache:URL でキャッシュページを表示してくれます。
簡単にいうとキャッシュページとはgoogleはクローラーというロボットを使ってサイトの情報を吸い上げていきます。その吸い上げたデータがキャッシュページとなります。うまく行けば少し過去のホームページが見れたりします。
[ 例 : cache:http://www.ramlabel.com ]
【 被リンク元のサイトを検索 】
link:URL でそのホームページにリンクを貼っているサイトが検索結果に表示されます。自社のページがどこからリンクを貼られているかを調べるのにとっても役に立ちますよ!←Googleが正式にリンクの検索演算子「link:」を停止しておりました。
[ 例 : link:http://www.ramlabel.com ]

既にお気づきかもしれませんが、SEO対策を気にしている方にはとっても便利な検索オプションだと思うものを中心にしたご紹介でした。ライバルサイトを調べたり、どこから被リンクされいるのかを調べたりと。ちなみに、yahooではなくGoogleの検索オプションをご紹介させて頂いたのは訳がございまして2011年からYahooはGoogleの検索技術を利用しているため、YahooとGoolgeの検索結果は“ほぼ”同じになっているからです。今の時代、検索順位って本当に重要だと思います。2ページ目より1ページ目、検索順位が10位より1位!やはり、1位になると電話のかかってくる件数、お問い合わせの件数、注文の件数。全てが劇的に変わります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

チラシ広告デザイン・ホームページ制作